Our people2018-12-18T15:35:35+00:00

ディアラスのチーム

私たちにとって、ディアラスの企業文化、そして才能と情熱にあふれる社員は
大きな誇りです。私たちは、社員一人ひとりの成長を促し、
彼らがチームにもたらしてくれるものを高く評価します。

リーダー(一部)を紹介します。

ジョナス・ピーダーソン
ジョナス・ピーダーソンCEO
学位:PhD、神経生理学

ジョナスはディアラスのCEO兼共同創立者です。
前職では、Amgen社のコンペティティブ・
インテリジェンス部門のディレクター兼責任者を
務め、それ以前はAstraZeneca社のR&D部門で
ペインコントロール治療の分野で活躍しました。
ライフサイエンス事業に参入するまでは、
スウェーデンのNational Institute for Working Lifeにおいて、アシスタントプロフェッサー
および筋骨格研究部門の副部長を務めていました。

彼はまた、これまでのキャリアを通して、
ウォーゲームやシナリオ分析などに関する120以上の戦略ワークショップのファシリテーションを
行っており、コンサルティング・ミックスの手法による戦略コンサルテーションの経験が豊富です。
彼は世界有数のバイオファーマ関連企業や機関に
数多くのアドバイスを行っており、また、
ビジネススクールや製薬関連のコンベンション
およびフォーラムでのスピーカーとして高く
認知されています。
直近では、米国で開催される著名なPharma CI
コンファレンスで基調演説を行いました。
ジョナスはディアラスのCEOのほかに、Isofol Medical ABの役員も務めています。

ジュリー・ムンク・カーン
ジュリー・ムンク・カーンパートナー、ロンドン
学位:PhD、脳科学

ジュリー・ムンク・カーンはディアラスの
パートナーであり、チームに不可欠なアカウント
リーダーです。ディアラスでの在籍期間は7年を
超え、その間いくつもの大手のグローバルおよび
ドメスティックブランドに対して、戦略的な
マーケティングサポートを行ってきました。彼女は臨床とビジネス開発戦略の双方の専門性を持ち、
ブランドの計画策定やライフサイクルマネジメントを強みとするほか、様々な疾病分野における
個別化医療というビジネスアプローチをチームに
もたらしています。

ジュリーはコンサルタントとしてのキャリアを英国の公衆医療政策の策定からスタートさせました。ディアラスの一員になる前はEdelman社ヘルスケア部門のシニアサイエンスアドバイザーを務め、上市前後のマーケティング戦略をサポートしながら、
英国メガファーマのマーケットアクセス戦略の立案に携わりました。

ブレンダン・ウォークデン
ブレンダン・ウォークデンプリンシパル、ロンドン
学位:PhD、生化学

ブレンダンはディアラスに4年以上在籍し、重要なマーケティングおよび投資判断に関する戦略的知見の提供に豊富な経験を有しています。
彼は製品ブランドを上市前の早い段階から特許失効までサポートし、HIV、抗菌薬、疼痛、糖尿病を
始めとする幅広い疾病分野で活躍してきました。
ブレンダンはマーケット分析、フォーキャスティング、プライマリー・マーケットリサーチなどの
プロジェクトマネジメントに携わり、プロダクト
ライフサイクルの全ステージにおけるブランドの
サポートを行っています。

ブレンダンがディアラスのロンドンオフィスの
メンバーとなる前は、いくつかの大手製薬・バイオ
テクノロジー企業のビジネスインサイツ部門で
12年間活躍しました。直近では、AstraZeneca社のグローバルアナリティックス部門で、抗感染症薬
フランチャイズにおける既存薬および開発初期段階の新薬に関わるプロジェクトを完了させました。
また、彼はLundbeck社およびAmgen社の
主力製品のローンチをサポートし、英国の精神医療および骨粗鬆症関連市場におけるブランド戦略の
立案にも携わりました。

ニール・ソムチャンド
ニール・ソムチャンドプリンシパル、東京
学位:MSc、オンコロジー

ニールはディアラスの一員となって2年を超えた
ところですが、医療機器企業および製薬企業の
コンサルタントとしては8年以上の経験を
有しています。ニールは日本と欧州を中心に複数の国や地域においてプロジェクトマネジメントを
行ってきました。がん免疫療法や希少疾患治療などの多くの治療分野に関する専門性を持つことに
加え、価格設定と償還および製品・ポートフォリオ
プランニングについての彼の豊富な経験は、チームにとって大きな財産となっています。

ニールはディアラス入社前の5年間、LEK社の東京オフィスに勤務し、日本におけるマーケット
アセスメント、市場参入戦略およびプライシングに専念してきました。最近では、EUローンチに
向けた提案を行うため、ロンドンにおいて
プライシングとマーケットアクセスアセスメントに
従事しました。彼は現在、医療経済学の博士号取得をめざし、学業にも励んでいます。

ユージェニー・ジョアニー
ユージェニー・ジョアニープリンシパル、ニューヨーク
学位:PhD、臨床医学研究

ユージェニーはディアラスに6年以上在籍し、
神経内分泌学と自己免疫疾患分野において輝かしいバックグラウンドを持っています。
ディアラスでは、コンペティティブ・レディネス
(競合に勝つための準備)を中心とした複数の
プロジェクトをリードし、業界大手のクライアントに対し、各社それぞれの状況に合わせて検討した
重要な知見を提供してきました。特に、慢性自己
免疫疾患の関連市場においてトップを走るブランドのサポートを行ったほか、アンメットニーズのあるワクチンや新薬開発パイプラインに関する経験が
豊富です。

ユージェニーの高い分析力、マネジメント力およびファシリテーションスキルは、多くのクライアントをリードし、またディアラスのサービス全般に
おけるプロジェクトとチームをリードして
きました。彼女はディアラスの一員となって以来、
競合シミュレーションワークショップや
コンペティティブ・レディネス・トレーニングの
デザイン、開催、ファシリテーションを数多く
行ってきました。

マイケル・ブロム
マイケル・ブロムプリンシパル、ニューヨーク
学位:BSc、スピーチコミュニケーション

ディアラスの新しいメンバーとして、マイクは
オンコロジーに関する豊富な経験をチームに
もたらしました。また彼は、希少疾患、HIV、女性医療などの分野のブランドマネジメントに高い
専門性を持ち、キャリアの大部分をPfizer社やIpsen Biopharmaceuticals社などの大手製薬企業のマーケティングチームをリードすることに捧げてきました。彼は、マーケット成長戦略、ブランド
ポジショニング、プライシング、患者戦略など
幅広い分野での経験を有しています。

マイクは、自らの経験に基づき、クライアント側
から見た豊富なマーケティングの知識を持つだけでなく、何年もの間ライフサイエンス業界の
クライアントと関わった経験から得た知識も持ち
合わせています。彼のバックグラウンドは、事業
開発や商業化といった重要なプロセスに大きく貢献しています。

佐藤祐樹
佐藤祐樹日本法人・代表取締役
学位:修士(生命科学)

佐藤は日本法人ディアラス・コンサルティング・ジャパン株式会社の代表取締役であり、日本を含むアジア・パシフィック地域にて弊社がご提供する
コンサルティングサービスの責任者です。製薬業界における強力な背景知識とグローバルプロジェクトの豊富な管理経験を有しており、過去10年に
わたり、ブランディング、マーケティング、薬事
規制、研究開発上の意思決定、メディカル
アフェアーズといった事業部門のサポートに
携わって参りました。

ディアラス入社前には、英国アッシュフィールド・ヘルスケア・コミュニケーションズ社の事業開発ディレクターとして、日本の製薬クライアントへの主要な窓口を務めておりました。また、米ブランドコンサルティング会社のブランド・インスティチュート・インク日本支社代表を務め、製薬業界におけるブランド戦略、規制情報のエキスパートとして活躍した経験を持っています。

ジェスパー・ニッセン
ジェスパー・ニッセンプリンシパル、ロンドン
学位:PhD、免疫学

ジェスパーはディアラスで5年以上にわたり、
幅広い分野のプロジェクトをリードしている
コンサルタントです。彼は、市場勢力図の
モニタリング、製造・診断テクノロジーの評価、
グローバルポジショニングとブランド計画などの
プロジェクトに豊富な経験を有しています。
彼の専門分野は、オンコロジー、呼吸器、
リウマチ、希少疾患などの複数の疾患治療分野を
カバーします。彼はまた、製薬業界における
コンペティティブレディネスのベストプラクティスなどについてのトレーニングを社内外で積極的に行っています。

ディアラスへの入社前は、英国ケンブリッジの
テクノロジーベンチャーでCOO兼戦略・事業開発責任者、および取締役会メンバーを務めて
いました。彼は、あらゆる戦略的意思決定に必要とされる重要な示唆や実行可能な提案を強力な
エビデンスを基に導き出すプロセスに豊富な経験を有しています。

ホルモズ・モアヴェン
ホルモズ・モアヴェンプリンシパル、ロサンゼルス
学位:PhD、脳科学

ホルモズがディアラスに入社して5年以上が
経過します。彼は、オンコロジー、免疫、循環器、呼吸器、代謝、脳科学、希少疾患などの疾病分野における専門性を備えた、信頼の厚いパートナー
およびインダストリーコンサルタントとして強力にビジネスをリードしてきました。ディアラスでは、新薬のプランニング、臨床開発、ローンチ、市場
調査、競合ベンチマーキング、患者サポート、
デジタル技術融合、マーケットアクセスなどの
戦略的・戦術的プロジェクトを遂行し、成功に
導いています。

また、ホルモズは数々のプロジェクトスコープを
サポートしています。例えば、ライフサイクル
マネジメントに焦点を当てたグローバル戦略、
ビジネス機会の評価、ジェネリック参入シナリオ
プランニング、バイオ医薬品製造、KOL/医療消費者視点からの考察、コンパニオン診断、バイオ
シミラーなどが挙げられます。ディアラスのチームにとって彼の深い知識は大変貴重な資産となって
います。

採用情報