ディアラスのホワイトペーパーとソートリーダーシップ

弊社の製薬・ライフサイエンス業界エキスパートの手による新着ホワイトペーパー

Download whitepaper

DISRUPTION HAS HIT PHARMA(製薬業界に訪れた混乱)

競争が激化する市場における戦略インテリジェンスの役割

ジョナス・ピーダーソン(CEO

変化し続けるという事実だけが変わらないというのは、製薬業界では長く知られてきた経験則です。ここ数年、製薬業界は、内部の混乱、そして外部から押し寄せるパラダイムシフトにより、劇的な再編を迫られています。例えば、医療経済・アウトカム研究(HEOR)の成果が保険支払者の意思決定に大きな影響を及ぼすこととなり、有効性と安全性の証明だけでは、最も平明な低分子薬でさえ、利益に直結させることは難しくなっています。その一方で、バイオ医薬品、バイオマーカー利用、免疫チェックポイント阻害剤、オーダメイド医療研究等の興隆が、何百万人もの人々に役立つ画期的な成功のポテンシャルを示しつつあります。

しかしながら、これらの医薬品を支える保険制度は、政府機関により厳格に階層化されている国、無秩序なままとなっている国、まったく定めのない国など、世界中に様々な状況が混在しています。

本書は、このような製薬業界の動向を議論しつつ、戦略インテリジェンスの視点に立つことが、競争の激しい環境の全体像を細部まで的確に把握するための強力なツールとなり得ることを示すものです。

ホワイトペーパーをダウンロードする
Download whitepaper

ASIAN PRICING AND REIMBURSEMENT(アジアにおける医薬品の価格設定と償還)

変化の速い市場で成功するための競争力

リム・ジュヒョン

昨今、アジアのヘルスケア市場全体に経済成長の波が押し寄せています。個人所得の拡大、各国政府によるヘルスケア関連支出の増加、平均寿命の高齢化、慢性疾患の増大等々の要因が、医薬品および医療サービスの需要を劇的に引き上げているのです。各国のヘルスケア政策の変化やユニバーサルヘルスカバレッジ(普遍主義的医療制度/国民皆保険)の普及、ジェネリック医薬品市場におけるプロモーションの成果なども、こうした変化を後押ししています。

既にアジアにおける一定のプレゼンスを有している製薬企業にとっても、今後のアジア進出を見据える企業にとっても、この状況はチャンスと言えるでしょう。しかしながら、アジア諸国には固有の地域特性があり、本地域の医薬品の価格設定および償還を取り巻く複雑な状況を理解しないことには、成功はおぼつきません。

本書では、アジア諸国のヘルスケア・システムにおける最新のトレンドを紹介し、現況が製薬業界にとってどのような意味を持つのかを議論します。

ホワイトペーパーをダウンロードする
Deallus Asia Market Entry Whitepaper

ASIA MARKET ENTRY(アジア市場への参入)

機会と課題

アヌーシャ・カンバリ

アジアは急進的かつ大きな成長の期待を抱かせる地、そして多様性を有する場所でもあります。そもそもの土地面積が広大であり、文化、人々、疾患プロファイル、ヘルスケア・システムも国ごとに多岐に渡るという現状。更に、極端な富と極端な貧困が隣り合って存在するという条件も相俟って、アジア市場への参入は多くの製薬企業が直面する困難な課題となっているようです。新興市場におけるキープレーヤーとしては、長年、ロシア、インド、中国といった国々が注目されてきました。しかし、急激な経済成長、ヘルスケア政策の再編、人口増加、所得拡大、疾患プロファイルの変化といった製薬業界に対する需要の拡大は、どちらかといえば同じ大陸の別の国々のほうからより強く見られそうです。特に東南アジア諸国連合(ASEAN)を構成する10か国、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ブルネイ、ミャンマー、カンボジア、ラオス、ベトナム。

その複雑性により、アジアの中における新興市場への参入は、「新規の市場」という認識の上に立ったテーラーメイドのアプローチが求められます。

ホワイトペーパーをダウンロードする